広島のデイサービスなら楽園 > ブログ

8050問題解決法  1   デイサービスバージョン

2019年10月9日 水曜日


まずは、デイサービスを利用する場合をご紹介します。
ケアマネジャーや民生委員が8050問題を発見した場合は、80代の親御さん世代に、デイサービス楽園を利用して頂きます。
そうなると、担当者会議や送迎で、私が「自然に」その家に伺えるようになります。
家に自然に入れるようになります。
これがとても大事です。
ひきこもり支援で入ると、警戒され、壁を作られますが、ご両親のことなら仕方ないと思ってもらえる場合が多いです。
私は「何も考えていない」感じで自然に入ります
そうしているうちに、40代50代の子どもさん(息子さんが多い)と話をしたりし始めます。
ここも、極めて自然に、雑談のように話します。
裏では、ケアマネジャー、地域包括支援センター、さまざまな士業の方、就職先になりそうな会社・・・・などと連絡をとりながら、雑談を継続します。
表面的には雑談のように見せながら、雑談に「すべてを」溶かし込んで話をすすめるわけです。
こんなプロセスを踏みながら、自然に、家族の中に「他者」が入り、「社会」を形成しながら、解決に向けていくのが、私の「メソッド」の一つです。
だからこそ、デイサービスをやったり、行政書士をやったり、広島県介護支援専門員協会エンパワメント部長をやったり、広島スポーツスピリットをやったり、士業ネットワークをつくったりしているわけです
解決に役立つのなら、どんな社会的資源も使います。

広島ブログ

▲ページの先頭へ戻る