広島のデイサービスなら楽園 > ブログ

サーチライト

2019年9月21日 土曜日


私は、玉置浩二さんの「サーチライト」という歌が大好きです。
昨日、一昨日は、認知症の方を探して、広島市内をバイクで走り回ってました。
いつもは、ひきこもり(中高年、高齢者)を中心に、家庭の中にいろんな問題が潜んでいないか、探しています。
暗闇にある問題に光をあて、孤独に悩む人に、小さな「サーチライト」の光が届けばいいなと思います。
私もそうでしたが、闇の中にいる人は、光を求めて歩きます。
闇の中だと、本当に小さな光でも見えます。
いろんな活動を通し、そんな「サーチライト」に少しでもなれればと思います。
「サーチライト」」
ラムネの瓶の中のガラス玉
どうしても直ぐに 手に入れたくて
雨に濡れたまま
泣きながら 泣きながら 粉々に割ったんだ
怖くて寒くて眠れなくなって
小さな光を探した夜に
必ず僕を照らす
サーチライトを ずっと
信じてた 信じてた
けなげに咲いてる ありふれた花
枯れてもいいと思ってたのに
乾いたこの心で
ちぎっても ちぎっても どうしても枯れなくて
涙が溢れて とまらなくなって
小さな光を 探した夜に
必ず僕を照らす
サーチライトは そうなんだ
君なんだ 君なんだ
怖くて 寒くて 眠れなくなって
誰かの胸を 探した夜に
必ず君を照らす
サーチライトに 僕は
なれるかな なれるかな
サーチライトを ずっと ずっと
信じてる 信じてる

広島ブログ

▲ページの先頭へ戻る