広島のデイサービスなら楽園 > ブログ

生きているだけで allright

2019年8月3日 土曜日


ひきこもり相談を受けていると、「子どもが何もしない」「寝てばかりいる」「テレビばかり観ている」「ネットばかりしている」なんてことを言われます。
もちろん、それが素晴らしいことだとは言いません。
しかし、私は、言いたい。
「生きていること」を喜んでほしいと!
「生きているだけでallright」だと!
生きていれば、やりなおすことができます。
しかし、死んでしまうと・・・・もうやり直すことはできません。親は自責の念に潰されてしまいます。
私が相談を受けているケースで、亡くなった方はいませんが、そんなケースもあるのです。
だから、私はあえて言いたい。
「生きているだけでallright」と。
これは、20代の暗闇暗黒時代を通り抜けた私だから、心底確信を持って言えることです。
人は変われる。
死なない限り変われる可能性があります。
その可能性をできるだけ増やすサポートをするのが私の役割です。

広島ブログ

たまには母と話を

2019年8月3日 土曜日


私は、週に一度は、母と一緒にご飯を食べながら、ゆっくり話をします。
母は、1週間にあったこと、体調のこと、腹がたったこと、本の感想・・・いろんなことを話します。
料理を作ってもらい、料理がちゃんとできるか?味は変わってないかをチェックし、認知症やその他の病気はないかを観察します。
これは、20代に多大な迷惑をかけた恩返し?罪滅ぼし?です(笑)
こんなことを、広島に帰ってきてから、もう十数年続けています。
皆さんも、メールや電話だけではなく、ご両親のところに行って、ゆっくり顔をみて、食事をしながら、いろんな話をしてみみませんか?
まだ、元気
まだ、大丈夫 と考えていると、気がつかないうちに、心身の機能がガクッと落ちてしまっている場合があります。
もうすぐお盆。
亡くなった方のお参りをするだけではなく、生きている人の顔を見て、ゆっくり話してみて下さい。
忙しいですか?時間ないですか?
そんなことを言っていると、突然、語り合うこともできなくなるかもしれません。
時には、お母さんと、お父さんと、話をしてみませんか?

広島ブログ

▲ページの先頭へ戻る