広島のデイサービスなら楽園 > ブログ

広島スポーツスピリット   ファンクラブ会長決定!!

2019年1月31日 木曜日

ファンクラブ会長は、男前の関洋氏に決定した。実に嬉しい。
関氏から「もっと、有名な人の方がいいのでは?」と提案されたが、私は、即座に断った。
それは、有名とか有名じゃないとか、そんなことは大事ではないからだ。
大事なことは、
人間として尊敬できるかどうか?
人間として信頼できるかどうか?
子どもたちのために一緒にタッグを組み、取り組んでいけるかどうかだ。
その観点から考えると、関洋氏以外に考えられない。
関洋氏「で」いいではなく、関洋氏「が」いい。いや、関洋氏「じゃないとダメ」なのだ。
関氏に、快く引き受けて頂き、とても嬉しい。
これでもう、「広島スポーツスピリット」は成功したようなものです。
これからも、たくさんの方の力をお借りして、子どもたちのために、子どもたちにたくさんの気持ちを贈るために、進んでいきたいと思います。
関洋(せきひろし)
宮崎市出身。琉球民謡協会教師。嘉手苅林次民謡研究会。琉球民謡協会コザ支部理事。
◎広島の海田公民館講座、三篠公民館、中国新聞文化センター興銀ビル教室で歌三線の指導をしています。また「YOU果報バンド」でライブやボランティアも行っています。お問い合わせはtarugany@msn.comまで。

ホームページより引用

https://taru2014.ti-da.net/

広島ブログ

広島ラーメンスピリット

2019年1月30日 水曜日

これも、お好み焼き「KAJISAN」の時と同じで、広島スポーツスピリットの支援者と江波の「陽気」にラーメンを食べに行っただけです
やっぱり、「陽気」のラーメンは、「王道」だ。
奇をてらわず、ど真ん中のストレート。豪速球。
畏友 高畑好秀くんに怒られるので、スープもすべて飲み干しました(笑)
(高畑くんは、日頃は優しいのですが、ラーメンに関してだけ恐ろしく、スープを残すと怒ります)
広島スポーツスピリットも、「陽気」のような王道を歩むNPOを目指したいと思います。
江波山にあるぼけ封じ観音で、母がぼけないようにお祈りもしときました。

広島ブログ

非認知能力が人生を決める

2019年1月29日 火曜日

みんな認知能力には強い関心がある。
認知能力とは何か?
簡単に言えば、IQ(知能指数)のことであり、日本では受験勉強ができるかどうかということになる。(ここでは、わかりやすく、こう単純化しておく)
では、非認知能力とは何か?
それは、人間関係をつくれる力、人と協同協働できる力、継続できる力、あきらめない力、感情をコントロールす
る力・・・・・要するに、一般に言う、人間力のようなものだ。
今、この非認知能力がとても注目されている。
それは、IQが高くても、人生がうまくいかない人が多数生まれているから。
知能は高くても、社会でうまくいかない人がたくさんいる。
この非認知能力をつけるには、幼少期の生活が決定的。
これは、学問的にも実証されています。
こんなことに関心のある方は、この本をお読み下さいませ。
広島スポーツスピリットが、子どもたちに何かしたいと考える学問的基盤もこんなところにあるのです。

広島ブログ

AI(人工知能)時代のケアマネージャー論  自分で、家族でケアプランを立ててみよう

2019年1月28日 月曜日

そろそろ、ケアマネージャーは必要なくなる。
というか、介護保険ができた当初から本当に必要なのか?を問い直さなければいけない。
そもそも、私たちが生きていく上で、誰かにプランを立ててもらわないとできないことがあるだろうか?
進学の場合は?
就職の場合は?
結婚の場合は?
病院受診の場合は?
葬儀の場合は?
もちろん、誰かに相談することはある。
これは、当たり前だ。
しかし、誰かの「プラン」がなければ、そのサービスが受けられないなんてことはありえない。
そして、もし、受けているサービスが嫌なら、行かなくなればいいだけの話だ。
これは、病院の場合でもそう。
診断に不安や不満があれば、セカンドオピニオンを求め、別の病院を受診すればいいだけだ。
プランなんて関係ない。
介護保険利用だけに、第三者の「ケアプラン」が必要というのが変なのだ。
そもそも、介護保険ができた2000年から、自分で、家族で「ケアプラン」を立てることができる。
自分で自分のサービスを考えることができる、家族だけで考えてサービスを決めることができるのだ。
これを「セルフケアプラン」という。
しかも、現在では、どんどんAI(人工知能)が発達している。
ケアプランも、ソフトに諸条件を入力すれば、簡単にできる時代が、すぐそこにきている。
こんな環境では、ケアマネージャーが不要になる。
いや、本当にお客様の立場に100%立ち、お客様の要望を実現できるケアマネージャーだけが生き残こることになるでしょう。
これからが、本当のケアマネジメントの時代になる。
人間にしかできないマネジメントの時代になる。
実に期待が膨らむし、楽しみな時代です(笑)
東京で、「セルフケアプラン」が激増してますから、地方も同じようになるのは必然的でしょう。
松山市もどんどんセルフケアプランを推進しています
広島ブログ

微力を積み重ねる  広島スポーツスピリット

2019年1月27日 日曜日

私は微力だ(笑)
自分で言うのだから間違いない(笑)
だからこそ、いろんな人の力を借りるのだ。
自分に力があると思えば、1人でやればいい。
私は微力なので、そんなことはできない。
人の力を借りまくる
微力を積み重ねることに力を尽くす。
無理だ?
できない?
膨大な時間がかかる?
そんなネガティブなことを考えても意味はない。
大事なことは、始めて、継続するだけだ。
いつまで継続するか?
それは、うまくいくまで(笑)
こんな、あきらめない、しぶとい大人の姿を、苦しい状況にある子どもたちに見せたいのです(笑)
これが、私にできるすべてです。

広島ブログ

ヒッチハイク日和  2019  大人からのGIFT

2019年1月26日 土曜日

昨日も、広島県内をいろいろ移動。
その間に、ヒッチハイカーを1人ゲット(ゲットというのはおかしいか)(笑)
私は、時間の許す限り、方向が合う限り、必ず、ヒッチハイカーを乗せることにしている。
これは、私が、20代にいろんな人に乗せて頂いた恩返しだ。
今日は、大学卒業を控えた青年を乗せた。
名前は聞かない。
ただ、乗せて、一緒に話をする。
私も楽しいし、彼にもいい経験になるだろう。
2時間程度走り話をし、別れた。
50歳と22歳の会話で、彼に何かを渡せただろうか?
私には、何かを渡したい気持ちはいつもある。
広島スポーツスピリットでやりたいことも、実はこんなこと。
大人から青年へ、大人から子供たちに、気持ちをGIFTしたいのです。

広島ブログ

広島お好み焼スピリット

2019年1月25日 金曜日

なんて言ってますが、広島スポーツスピリットを支援していただく方と一緒にお好み焼きを食べただけです(笑)
どんどん支援者が増え、私が考えつかないようなアイデアがでてくるのが、とても嬉しいです。
俺の小さな考えを遥かに超えるぜ!みたいな感じ(笑)
感謝です。
たくさんのご支援お待ちしております。
お好み焼KAJISAN
広島市南区比治山本町2-15 電話:082-253-0070
営業時間:11時~19時(駐車場3台) 定休日:不定休

広島ブログ

100歳まで生きる覚悟

2019年1月24日 木曜日

今、寿命が100歳になろうとしている。
60歳定年、いや、70歳定年にしたとしても、30年ある。
実に大変なことだ。
この30年をどのように生きるか?
ここを自分で具体的に考えておかなければならない。
まず大事なことは、健康寿命を延ばすことだろう。
そして、30年をどう生きるかが大事になる。
私は、80代まで働く気まんまんだ。
健康に配慮し、いろんなことで貢献していきたい。
だから、自営業を選んでいる。
そして、50歳から、NPOを始める。
皆さんは、人生100年時代をどう具体的にデザインしているだろうか?
この本を読んでいただければわかるが、抽象的に考えるなんて意味はないし、遺言を書いているだけではダメ。遺言は死後のことに過ぎない。
定年から、100歳までの、具体的な考えがないとヤバイです。
ピンピンコロリなんてほぼないですから。

この本は、すべての中高年の方に読んで頂きたい本です。
 広島ブログ

南ケアマネット

2019年1月23日 水曜日

昨日は、南ケアマネット(広島市南区のケアマネージャーの団体)の役員会にオブザーバーとして参加した。
4月から、私も何かの役職に就くそうだ(笑)
どんな役職かはわからないし、関心もないが、南ケアマネットの内部向きの役職ではなく、住民のために動く役職だ。
まさに願ったり叶ったりの役職(笑)
私が一番望んでいる役職。
私が関心があることはまさにそんなことだ。
これは、広島スポーツスピリットでも同じ。
ひきこもり支援でも同じ。
コンサルでも同じ。
住民のため、地域のためになればそれで嬉しい。
今の状態を、少しでもベターに、マシにすることに尽力したいです。
いやー、4月から楽しみです。
もっともっと、いろんな人の役に立てます。

感謝!
4月には、広島スポーツスピリットも立ち上げますので、よろしくでーす(笑)

広島ブログ

「独立したいんですが、どう思われますか?」

2019年1月22日 火曜日

こんな質問をよく受ける。
それは、私が自営業であり、行政書士であり、コンサルタントをしているからだろう。
私の答えは、「やめた方がいい」だ。
冷たい?たぶん、そう感じる方も多いだろう。
私もそう思う(笑)
しかし、私は、本気で独立したい人は、他人に意見を求めるべきではないという考え。
独立すれば、自分で何もかも考えなくてはいけない。
有給休暇もない。
雇用保険もない。
一日休めば、その分収入もなくなる。
労働者の権利は何もなくなる。
自営業とは、そんな世界だ。
そんな世界に入るのに、「どう思われますか?」なんて聞いては駄目だと思います。
だから、あえて、心を鬼にして「やめた方がいい」と答える。
私の、あえての「否定」を超えるくらいじゃないと、独立後の孤独は超えることはできませんから。
冷たく感じたら、ごめんね。
広島ブログ

▲ページの先頭へ戻る