広島のデイサービスなら楽園 > ブログ

仕事納め  2018

2018年12月28日 金曜日

今日で仕事納めだ。
しかし、まったく納まらない(笑)
収拾できない(笑)
すべてやりかけで年を越す。
いつもなら、気がかりだが、今年はそうでもない。
気がかりというより、プロセスという感じだ。
年をまたぐ方が、継続性があって楽しい。
「続きは2019で」みたいな感じだ(笑)
2018年は、本当にいろんなことがあった。
苦しいことも多かったが、それが大きな糧になった。
50歳で、自分を変えなければいけないことにも直面した。
それも、実に楽しいことだった。
2019年はもっと変わりたい。
いろんな人に頼りたい。(自分のためのことではなく)
そして、もっといろんな人の役に立ちたいと思います。
広島スポーツスピリット
南ケアマネット
士業ネットワーク
今まで通り、デイサービス、ひきこもり支援、コンサル、震災災害支援活動、にさらに頑張りたいと思います。
健康と皆様の支えに感謝です。
明日以降は、京都を歩くので、写真をアップしますね。
京都では、自主トレ&寺社へ今年のお礼参りをしたいと思います。
下の写真は、投稿になんの関係ありませんが、777で、皆様の2019年の幸運を祈りたいと思います(笑)

広島ブログ

記憶を失う人と生きる     大恋愛はしないけど

2018年12月27日 木曜日

デイサービスに、若年性アルツハイマーの方が来られている。
もちろん、詳しく書くことはできないが、かなりお若い。
しかし、日に日に、記憶がなくなっていく。
昨日覚えていたことが、今日は思いだせない。
さっき覚えていたことが、今は出てこない。
人間は、記憶で生きる生き物だ。
想い出の中で生きる生き物だ。
記憶を共有し、関係をつくる生き物だ。
今年、私が、38年ぶりの同窓会を楽しめたのも、記憶があり、それを再会によって、鮮明化できるからだ。
「あー、校門の前でカラーひよこ売ってたねー」「比治山で遊んだねー」みたいにだ。
しかし、記憶を失う人にはそれはできない。
どんどん、共通点を失っていく。
こんな中で、私に何ができるだろう。
それは、できるだけ、安心して過ごして頂き、今を楽しんでもらうということ。
記憶ではなく、今を一緒に生きることだ。
私は、それだけを考え、接しています。

広島ブログ

追悼 太郎会長

2018年12月26日 水曜日

今年6月15日に太郎会長(私が大好きだった猫)が病死した。
比治山の野良猫だったのだが、約8年前に居着き、そのまま、一緒に暮らした。
出入りは自由で、今までの自由な生活と、衣食住が確保された生活が両立でき、太郎会長も気に入ってたみたいだ(笑)
太郎会長とは、もちろん話はできない。言語的なコミュニケーションはできない。
しかし、人間以上にいろんなことを語り合った気がする。
いろんなことを教えてもらった気がする。
私は、太郎会長にずいぶんと変えてもらった。
この6か月、太郎会長のことをまったく語ることはできなかった。
写真も見ることができなかった。
語ったり、写真を見るだけで、平常心ではいられなくなるからだ。
やっと、年末になり、こんな風に語ることができるようになった。
太郎会長、本当にありがとうございました。
8年間、本当に貴方のおかげで楽しい日々でした。
猫にあまり関心のなかった私を猫好きにしたのは貴方です(笑)
広島ブログ

広島スポーツスピリット紀行

2018年12月25日 火曜日

この6ヶ月いろんな場所に行きました(笑)
そして、いろんな場所にスピリットの種を蒔きました。 
来年は、いろんな場所でスピリットの花が咲きます。
皆さんで、一緒に花見しませんか? 
花のような、子どもたちの満開の笑顔を一緒に見ませんか?
ご支援ご協力宜しくお願い致します。

広島ブログ

五木寛之氏にまねぶ

2018年12月24日 月曜日

私は、五木寛之氏を尊敬している。

その理由は何か?

それは、五木氏がどんどん変化していっているからだ。

何かにこだわることもない。

常に変化、進化、成長している。

偉そうに振舞うこともないし、年下に対しても常にフラットだ。

こんなことはなかなかできることではない。

年を取ると、かたくなり、守りに入る。

頑固になり、柔軟さを失う。

しかし、五木氏は、常に柔軟に変化し、時代に対応していく。

安定ではなく、不安定を好み、社会が動くことを面白がる。

私は、こんな80代になりたい。

憧れの人です(笑)

説教ではなく、若い人から常に学ぼうとするんですよねー、実に素敵(笑)

広島ブログ

広島スポーツスピリットの表と裏  え?裏があるの?(笑)

2018年12月24日 月曜日


広島スポーツスピリットには裏がある。そう、ものすごく悪いことを考えている。
なんてことはない(笑)
広島スポーツスピリットの表の目的は、子どもたちを元気にすることだ。
児童養護施設、児童デイサービス、子ども食堂、院内学級、被災地に我々自身が、スポーツ選手と訪問し、子どもたちに元気になって頂くことが目的だ。これが表。
裏の目的は、恩師や同級生にさらに元気になってもらうこと。
50歳を契機に、同窓会を開いたり、飲み会で集まったり、広島スポーツスピリットでの関わりを通して、さらに元気になって頂くことだ。
50歳になれば、少しずつ人生の終わりが見えてくる。
なかには、実際に亡くなった同級生もいる。(他のクラスだが)
そんな中、みんなで再会し、お互いに支え合い、元気になっていきたいというのが、裏の目的だ。
だから、第1回広島スポーツスピリットと38年ぶりの同窓会の開催が同じ日なのだ。
要するに、今の子どもたちと38年前に子どもだった私たち、みんなが元気になるといいなというのが、広島スポーツスピリットの目的です。
2019年は、その表と裏の、2つの目的を実現できるように、邁進したいと思います。

広島ブログ

38年  28年  時空を超えたミラクル

2018年12月23日 日曜日

今年は、とても嬉しい再会があった年だ。
まずは、38年ぶりの再会。
それは、小学校の同窓会。
私は、小学校卒業後に転校し、大学は京都に行ったので、誰ともほとんど交流はなかった。
それが、ふとしたきっかけで、何となく「幹事的」な役割を果たすことになり、今年の9月に同窓会開催。
クラスの約半分の方が参加してくれた上、長崎から恩師が駆けつけてくれた。本当に、感無量だ(笑)
参加してくれた同級生は、いろんな分野で懸命に頑張っていて、とても刺激を受けたし、最高の同窓会になりました。
そうこうしているうちに年の瀬。
今度は、Facebookを見たと、大学時代の友人から「生きてたか!」とのメッセージ。
いやー、28年ぶりだ。
Facebookスゲーな。
彼とは、年末の京都で再会することを約束している。
いやー、何て年だ!ファンタスティック!ミラクルだ(笑)
38年 28年 の時空を超えて、いろんな人が結びついた一年でした。
来年は、私が、いろんな人を結びつける年にしたい。
私がミラクルを起こしたい!
そんな風に思うクリスマスイブイブでした(笑)

そして、たくさんの同級生が「広島スポーツスピリット」を支援したいと申し出てくれています。
本当に嬉しい。
心より感謝申し上げます。

微力なため、大きなことはできないかもしれませんが、必ず継続して、期待に応えるようにしていきたいと思います。

皆様に感謝です。来年も宜しくお願いします。

広島ブログ

さよならドライブ  デイサービス楽園

2018年12月22日 土曜日

デイサービスのお客様が亡くなった。末期ガンだった。
本人も、私たち職員も来年の桜は見れないだろうことを知っていた。
そんな中、私は、彼を紅葉見物のドライブにお連れした(利用時間終了後)。
お互いに何を語るわけでもなく、ただ、紅葉を見ているだけ。
彼が、「社長さん、本当にありがとう」と小さな声でポツリ。
私は、「また見に来ましょうや」という言葉をのみこみ、「紅葉キレイですね」なんて言って誤魔化した。
死にゆく人に、嘘は言えなかった。
そして、2週間後、自宅で息を引き取った。
最後に、楽園を選んでくれてありがとうございました。
ご冥福をお祈りいたします。
最後にドライブに行けてよかったです。

広島ブログ

「お母さん、ぼく働いてみるよ」

2018年12月21日 金曜日

年の瀬が迫って、素晴らしいニュースが飛び込んできた(笑)
私が関わっている、ひきこもりの息子さんを抱えたお母さんから連絡があり、
突然、息子さんが「お母さん、僕、郵便局で仕分けのバイトがしたい」と言い出したというのだ。
いやー、素晴らしい。本当に嬉しい。
私は仕事をしたいと言ったから嬉しいのではなく、自分で考え、自分で一歩踏み出そうとしているのが嬉しいのだ。
私は、こんなことを言いだすこと自体は予想していた。
そのために、私が関わり、ご両親に、自分自身と向き合って、命懸けで変わって頂いていたのだ。
だから、彼が、こんなことを言いだすことは、想定内だ。
しかし、こんなに早く、しかも、今年も終わろうかというこの時期に言いだしてくるとは、思ってもみなかった。想定外だ。
あー、嬉しいなー。
私も、命を削った甲斐があります(笑)
おいおい、おっさんが、また泣いてしまいました。
連日、おっさんが泣いてどーすんのよ(笑)
でも、この涙は悲しい涙ではなく、嬉し涙。
こんな涙を連日流せるなんて、最高です!!!

広島ブログ

思いがけないクリスマスプレゼント

2018年12月20日 木曜日

突然、封筒が届いた。
そこには、まったく知らない方の名前が記載してある。
ん?脅迫状かと思いながら、封を開けると、ナンシーさんからのクリスマスプレゼント(笑)
一度もお会いしたこともないのに、クリスマスプレゼントを贈ってくださったのだ。
実に有難い。
その後、御礼の電話をかけると、とても優しく、美人そうな声(これは、想像です)(笑)
本当に有難うございました。
今日、聴かせて頂きます。

広島ブログ

▲ページの先頭へ戻る