広島のデイサービスなら楽園 > ブログ

ピザを届けに7時間  広島スポーツスピリット

2018年10月31日 水曜日

先日、元お客さんで、終末期の方に、7時間かけてピザを届けたピザ屋さんことがアメリカでニュースになっていた。
実に、素晴らしい
広島スポーツスピリットでやりたいことは、まさにこんなことだ。
遠くで孤立している子供たちのところへ、大したことはできないかもしれないが、ただ訪ねたいのだ。
我々が出向きたいのだ。
まさに、このピザ屋さんが我々の模範だ。
もちろん、合理的ではないとか、非効率だとか、という批判もあるだろう。
しかし、理に適うとか、効率はそんなに大事なことだろうか?
人を大事にするのに、そんな尺度はいらない。
非合理で、非効率でいいのだ。
非合理的で、非効率的だからこそ、素敵なのだ。
合理、効率は、民間企業でやればいい。
民間企業はもちろんそれでいい。
NPOを目指す広島スポーツスピリットでは、非合理的に、非効率的に、子供をただ大事にしていきたいと思います。
合理や効率を遥かに超えた強く深い想いを大事にしたいです。

広島ブログ

非同一性

2018年10月30日 火曜日

10年前の私と、今の私は違う(笑) まったく考え方が違う。 20年前だと、まったく別人だ。 え?そんな考えは無責任? そうかもしれません(笑) しかし、人間は、そんなに同一性があるものでしょうか? 10歳と、20歳と、30歳で、同じでしょうか? いやー、無理があるでしょう(笑)

私は、同一であると考えるより、非同一であるとか考えた方が面白いと思います。 同一性を維持するために無駄に頑張るより、非同一だと言い切り、自由に生きた方がいい。 今日からの自分は違うのだと生きた方が楽しいと思います。 過去なんかどうでもいい。 今を生きるべきだと思います。

無題広島ブログ

広島スポーツスピリットへの支援方法

2018年10月29日 月曜日

広島スポーツスピリットへの支援方法
どうやって、支援したらいいの?なんて問い合わせを頂くようになった。
実に有難いことだ
少しずつ少しずつ浸透していることがとても嬉しい。
感謝です。
ここで支援方法をざっくり、わかりやすく書いてみます。
1、イベントの際に運営を手伝って頂く
  これは、イベントが近づいた時に告知します
2、広島スポーツスピリットがイベントできそうな組織、団体、場所をご紹介頂く 
 例)児童養護施設、児童デイサービス、こども食堂、院内学級等々(私たちが思いつかないようなアイデアを出して頂けるととても有難いです)
3、まわりの方に広めて頂いたり、メディアの方をご存じならご紹介頂く
4、寄付や協賛をして頂く(企業でも、個人でもOK)
  来年4月にNPOになりますので、寄付金控除があり、かなりお得です。
こんな感じでしょうか?
長く継続的に取り組むには資金も必要です。
皆様のご協力ご支援をお待ちしております。

広島ブログ

隠れ家日和  2018

2018年10月27日 土曜日

私には、日本全国に隠れ家がある(笑)

だから、悪いことをしても(悪いことはしませんが)、かなり長い間逃げる自信がある(笑)

広島県にも3カ所。

ここは、その一つ。

いやー、隠れ家って本当にいいもんですねー。

っていいながら、私は何から隠れているのでしょうか?(笑)

まあ、秘密基地みたいなものですねー。わーい。

広島ブログ

スポーツ選手への憧れ  広島スポ-ツスピリット

2018年10月27日 土曜日

私は、なぜ広島スポーツスピリットを始めたのか?
それは、小学校からの畏友である高畑好秀君(メンタルトレーナー)に誘われたからである。
私は、尊敬する人からの誘いは断らない。(同じ年でも、年下でも)
できるだけ応えようと思う。だから、瞬時に承諾した。
それに加え、今回は、あと三つ理由がある。
それは「広島」「スポーツ」「スピリット」だ。
まず、「広島」
「広島」のために何かしたいという考えに深く共鳴した。
そして、「哀しみや苦しみを抱えた子供に何かしたい」という「スピリット」にも深く共感した。
そして、「スポーツ」
私は、スポーツ選手を深く尊敬している。
それは、まず、私が、運動音痴であることがその理由((笑)
そして、スポーツほど、本人が頑張らないと上達しないものはないからだ。
他の世界では、「2世」批判があるが、スポーツ界ではない。
それは、ガチ勝負だから。
私は、自分の心身を賭け、自分を追い込み、自分を無限に鍛えるスポーツ選手を敬愛する。
これが、私が、広島スポーツスピリットをやろうと即決した理由です。
「広島」のため、「子供たち」のため、尊敬する「スポーツ選手」と一緒に何かできれば最高です!(笑)
よかったら、皆さんも仲間になって下さいねー。

広島ブログ

和  鞆の浦シーサイドホテル    2019年4月解体  

2018年10月26日 金曜日

いや-、哀しい。

昭和45年に鞆の浦シーサイドホテルとして建てられた。

それが、今年の11月で老朽化のため閉館し、来年4月に解体される。

和(鞆の浦シーサイドホテル)に伺うようになって、11月で9回目。5年になる。

いろんな想い出がある場所なので、実に哀しい。

11月24日(土)に、最後のYOU果報バンドのLIVEがありますので、よかったら、ぜひお越しくださいませ。

広島ブログ

こども食堂  全国で2286カ所  広島スポーツスピリット

2018年10月26日 金曜日

こども食堂は、 地域の大人が子どもに無料や安価で食事を提供する、民間発の取り組み。貧困家庭や孤食の子どもに食事を提供し、安心して過ごせる場所として始まった。
そうした活動は古くからあるが、「子ども食堂」という名前が使われ始めたのは2012年。最近は、地域のすべての子どもや親、地域の大人など、対象を限定しない食堂が増えている。
全国に2200カ所以上・・・・実に素晴らしい。日本人の善意には心打たれる。
しかし、それだけ、孤独に中に生きて、地域との繋がりが希薄な子供が多いのだ。
そして、日本の財政がどんどん悪化しており、国家がセーフティーネットを整備維持できなくなっているのだ。
公助が限界にきており、そこをフォローするために、自助、共助が前面に出てきている。これは、介護の世界も同じ。
しかし、自助、共助には限界がある。
取り組みをながく継続するには、資金やマネジメント力が必要だ。
これがなければ、立ち上げたものの、継続して取り組むことができない。すぐに破綻してしまうし、実際、破綻している取り組みも多い。
広島スポーツスピリットでは、今後、こども食堂とのコラボ企画をすすめています。
みなさん、ぜひ、ご支援ご協力ご協賛宜しくお願いします。


広島ブログ

水の飲みすぎに注意

2018年10月25日 木曜日

熱中症予防に、この夏、水を飲め水を飲めと言われた方も多いだろう(笑)

確かに、暑い時にその指示は正しい。

しかし、飲みすぎると危険なのだ。

水分をとりすぎると、ナトリウムが薄くなりすぎ、意識障害が起きてしまう場合がある。

それに、体に水が溜まり、足がむくんだり、いろんな症状が出てくる。

水は飲めばいいというわけでもない。

これから、春にかけて、ご飯をきっちり食べる人は、そんなに水分は必要ではない。

ほんの少しプラスすればいいくらいだと思います。

まさに、過ぎたるは及ばざるが如しです。

 

広島ブログ

「発達障害」と「認知症」  広島スポーツスピリット

2018年10月25日 木曜日

発達障害とは、簡潔に言えば、対人関係が上手くいかなかったり、極度にこだわりが強かったり、集中力はあるが、視野がとても狭かったり、一つのことに継続して取り組めなかったりすることだ。
だから、まわり見ると、「変わり者」「変な人」「コミュニケーションに難あり」「つきあいにくい」「まわりが見えていない」「気が変わりやすい」なんてことを言われやすい。
では、これに対して、どうするべきか?
まずは、できるだけ早く、こんな特質を持った子供なのだということを両親が理解することだ。
昔と比較し、今は、発達障害への理解も進み、専門機関も増えている。
できるだけ早く、その特性、特質を理解し、その子供にあった人生を考えることが大事だと思います。
そうすれば、それは個性になり、その方に合った人生を考え、選択していくことができます。
世間の尺度やシステムに押し込めても、息苦しいだけ。
これは、認知症も同じ。
まわりがきちんと認知症を理解すれば、「さっき言ったでしょ!」とか「何でわからないのよ!」みたいに、ただただ怒って、本人の不安だけを増すことがなくなり、本人も家族も、より良い生活を維持できると思います。
「発達障害」であれ、「認知症」であれ、できるだけ早く、深く知ること、深く理解すること、これが大事だと思います。
そうすれば、いろんな対処ができ、その後の可能性が拡がると思います。
広島スポーツスピリットでも、どんどん理解を深め、いろんな方々のお役にたっていければと考えております。


広島ブログ

マネジメント力

2018年10月24日 水曜日

この力は大事だ。
これがなければ、組織は停滞し、壊れてしまう。
民間企業、スポーツ界、どこでも、この力が欠如していると、組織は上手くいかない。
世界最高の営業マンに、マネジメント力があるとは限らない。
世界最高の選手に、マネジメント力があるとは限らない。
そこに、まったく因果関係も、相関関係もない(笑)
まったく違う能力が必要だ。
だから、素晴らしい企業や団体では、営業マンや選手にマネジメント力をつけるシステムを構築している。
それは、まったく違う力が必要であり、そのためには、教育が必要だという認識があるからだ。
これがない組織は、営業マンをすぐにマネジメントさせたり、選手をすぐに監督にしたりする(笑)
これでは、上手くいかない。


広島ブログ

▲ページの先頭へ戻る