広島のデイサービスなら楽園 > ブログ

なぎさホテル         人は誰かに支えられ、育てられ生きている

2018年3月31日 土曜日

伊集院静氏は、若い時に、何年も「なぎさホテル」というホテルに滞在していた。
いや、居候していた(笑)
浜辺で、これからどうしようかと考えていた時に、支配人に声をかけられ、そのホテルに招かれた。
金を支払おうとしても、「あなた一人くらいどうにでもなります」と支配人は金を受け取らない。
それどころか、毎晩、酒をご馳走になる(笑)
おそらく、その支配人は、伊集院氏の人柄や将来性を見抜いたのだろう。
私も、伊集院氏と同じような経験がある。(伊集院氏の経験の足元にも及ばないが)
まったく知らない方の家に、かなり長い間泊めてい頂き、お世話になった。
今、こうして生きているのも、そんな人々のおかげだ。

そんな方がいなければ、今こうして生きていない。感謝だ。
話は変わるが、私の叔父と、伊集院氏のお父様とは少しだけ関係がある。
それは、遠い遠い昔、山口県防府市や徳山市(現 周南市)でのことである。

無題広島ブログ

驕ることなく、丁寧に生きる 池波正太郎

2018年3月30日 金曜日

私は、池波正太郎氏の作品が好きだ。
池波正太郎氏が大好きだ。
その理由は、いつも丁寧だということ。
池波氏が丁寧に生きて、丁寧に死んだということを尊敬している。
人は、売れたり、うまくいきだすと,雑になる。
金がたくさん稼げる方を選ぶ、
手を抜く。
いい加減になる。
傲慢になる。
そんな人が多い。そんな組織が多い。
今の自民党、今の安倍総理にもそんな所が随所に感じられる。
「謙虚に」「真摯に」なんて言葉では言うが、行動がまったく違う。
しかし、池波氏は違う。
生涯、謙虚に、文筆一本で生きた。
だからこそ、今でもファンが多いし、新しいファンを生み出すのだ。
私も、驕ることなく、丁寧に生きたい。
これが、私が池波氏から学んだ一番大きなことだと思います。

無題

広島ブログ

広島花紀行4

2018年3月29日 木曜日

広島市内、いろんな場所の花を撮影してみました。
キレイですにゃー。
KIMG0367

KIMG0369

KIMG0370

KIMG0371

KIMG0372

KIMG0373

KIMG0374

広島ブログ

満開の桜を見せてあげたい

2018年3月29日 木曜日

私が、デイサービスをやっている理由を煎じ詰めれば、これだけだ。

高齢者にとって、今年の桜が最後になるかもしれない。
縁起の悪い話をするなと言われるかもしれない。
しかし、人間の寿命はわからない。
高齢者の方は、自分で桜を見に行くのは難しい。
連れていってくれる家族は少ない。
だから、何としても桜を見に連れていってあげたい。
これをするために、これだけのために、13年間デイサービスを継続してきました(笑)

KIMG0375

広島ブログ

広島花紀行3

2018年3月29日 木曜日

広島市内、いろんな場所の花を撮影してみました。
キレイですにゃー。

KIMG0361

KIMG0362

KIMG0363

KIMG0364

KIMG0365

KIMG0366

広島ブログ

広島花紀行2

2018年3月28日 水曜日

広島市内、いろんな場所の花を撮影してみました。

キレイですにゃー。

KIMG0346

KIMG0347

KIMG0348

KIMG0349

KIMG0350

KIMG0351

KIMG0352

KIMG0353

KIMG0354

KIMG0355

KIMG0356

広島ブログ

広島花紀行1  

2018年3月28日 水曜日

広島市内、いろんな場所の花を撮影してみました。
キレイですにゃー。

KIMG0339

KIMG0340

KIMG0342

KIMG0343

KIMG0344

KIMG0316KIMG0335

広島ブログ

号泣

2018年3月27日 火曜日

先日、職員の前で号泣してしまった(笑)

私自身、体調が悪く、職員も体調が悪く、太郎会長も体調が悪く、他にもいろんな問題が積み重なり、号泣してしまった。
私にとって、それは、恥ずかしいことではない。
人間、煮つまることもあるし、どうしようもない時もある。
真剣に生きていれば、泣くしかない時もある。
そんなときは、泣けばいいのだ。
男だろうが、女だろうが、号泣すればいいのだ。
そして、そこから、冷静に、建て直せばいいのだ。
今、泣きたいくらいの想いを抱えて生きてる方。
泣いてください。
どんどん号泣して下さい。
泣いてから、リスタートすればいいのです。
え?いつも泣いている?
それは泣きすぎです(笑)

KIMG0331

広島ブログ

エクセレントパーソンの時代    20年で会社は消えていく

2018年3月26日 月曜日

大前研一氏が、こう言っておられる。
まったく同感。
これからは、エクセレントパーソンの時代だ。個人の時代。
どこの会社でも必要とされ、独立も可能。それがエクセレントパーソン。
20世紀は、エクセレントカンパニー、会社、組織の時代だった。
しかし、今では、ありとあらゆる組織の信用がなくなった。
国家の信用さえも危ない。
どこに就職しても、長い目で見ると危ない。
数年は大丈夫だろうが、20年後にはわからない。
それに、20年も同じ組織にいて、ぬくぬくと守られていると、どんどんダメになっていく。
外の世界で生きていくことができなくなるし、活力もなくなり、会社での言語しか話せなくなる。

そして、20年後、会社が消える。
そんな時に生きていけるのは、エクセレントパーソンだけです。

KIMG0320

無題
広島ブログ

アンナチュラル  隣の家族は青く見える

2018年3月25日 日曜日

今のクールで最後まで観たドラマはこの二つだけ。
他は、第一話で観なくなった(笑)すいません。
「相棒」は、杉下右京が、自分の「相棒」が犯罪者だと見抜けなかった時から、まったく観なくなった(笑)
まずは、「アンナチュラル」
これは、監察医制度のない現状をきちんと描いていることが素晴らしい。
法医学者が足りない、恵まれていない現状を描いていることがとてもいい。
それに、エンターテインメントとしてとても面白い。
しかも、一話完結しながら、全体で一つ話にするあたり、実に素晴らしい。
さすが、「逃げ恥」の脚本家。見事です。
「隣の家族」は、現代のいろんな家族の形を描いていて実に面白い。
妊活、虐待、LGBT、毒親・・・・・・

現代の家族は、本当にいろんな形がある。
そんな多様性、問題がよく描けていると思います。
皆さんが良かったドラマは何ですか?
いやー、ドラマって本当に良いものですね~さよならさよならさよなら(笑)

maxresdefault

f984650c9c5ad5fe0d2c64363adaf61b

広島ブログ

▲ページの先頭へ戻る