広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 抽象的に「頑張る」とか「頑張れ」と言うのは有害だ

抽象的に「頑張る」とか「頑張れ」と言うのは有害だ


努力しますとか、頑張りますとか、頑張ってとか言うのが好きな人がいます。
私にはまったく意味がわかりません(笑)
抽象的にいっても無駄なんです。具体的に何をするか、何を努力するか言わないと、達成できたか後から評価できません。
具体性がないと、何をどうやるか、いつやるかの計画も立てられない。
すべての話は具体的にしないと話は進まない。
だから「今度、呑みにいきましょうね~」と約束した場合、ほとんど実現しないわけです(笑)まあ、これはお互いにわかってるからいいですが。
もっと、深刻なこと、真剣に取り組まないといけないことは、話に「具体性」がない限りいくら頑張っても無駄です。
何をどう頑張るかも出てこないわけですから。
だから、私は「頑張る」とか「頑張って」なんて言いません。すべて具体的な話に落とし込みます。
「今から呑みに行こう」という人はマジです(笑)  こんな人だけを私は信じます。
無題広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る