広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 赤い羽根共同募金 令和元年度 社会課題解決プロジェクト  募金用紙(案)できました

赤い羽根共同募金 令和元年度 社会課題解決プロジェクト  募金用紙(案)できました



募金して頂いたお金は、訪問するスポーツ選手の講師料や、訪問するための諸経費に使わせて頂きます。
法人による寄付は「全額損金」になりますので、法人の方にはとてもメリットがあると思います。
来年1月から、募金が開始しますので、宜しくお願い致します。
共同募金会は、税制上、国や地方公共団体と同じように、寄付に対する「優遇措置の対象団体」になっています。
その優遇措置は、個人からの共同募金会への寄付と、法人からの共同募金会への寄付では、取り扱いがそれぞれ定められています。
寄付者が法人の場合
「全額損金」扱いとされます。
寄付者が個人の場合
所得税の所得控除または税額控除、住民税の税額控除
● 所得税
[所得控除]
税額=(所得金額-所得控除額)×税率
所得控除額=寄付金額(年間所得の40%を限度とする額)-2,000円
[税額控除]
税額控除額=(税額控除対象寄付金額-2,000円×40%
● 個人住民税
税額控除額={寄付金額(年間所得の30%を限度とする額)-2,000円}×10%

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る