広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 精神をモニタリングする  精神のヴァイブレーションを感じる

精神をモニタリングする  精神のヴァイブレーションを感じる


私は20代に病的になったことがあります。その時に、病院に行っていたら、鬱病と診断され、抗鬱剤を処方されたことでしょう。
しかし、病院には偏見があったので行きませんでした。今考えると、いい判断だったと思います。もしかすると、薬漬けになり、今頃壊れているかもしれません。その時の経験から私は自分のメンタルをモニタリングすることができるようになりました。分かりやすくいえば、心電図のように自分のメンタルの状況が手に取るようにわかる。
だから、極度に疲れる前に休めるわけです。これは極めて大事なことです。

極度に疲れてからでは回復に著しく時間がかかる、もしくは回復不能なダメージを受ける。
自己モリタリング(私の造語)ができるようになり、大きな落ち込みやダメージはなくなりました。

今、しんどい方は参考にしてみて下さいませ。

無題



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る