広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 第5回 ひゃくなん会(人生100年時代をケアマネジャーと一緒に考える広島市南区住民の会)開催しました

第5回 ひゃくなん会(人生100年時代をケアマネジャーと一緒に考える広島市南区住民の会)開催しました



今回のテーマは「ケアプランを考える」でした。
当会副代表の三上淳一(主任ケアマネジャー)が、まず「ケアプランの作り方」を講義しました。
その後、三上と私で、ケアプランをどのように作るのかを、アセスメントから、ロールプレイで実演しました。
その中で、ケアプランは、本人と家族ためのものであること、ケアマネジャーは変更可能であること、セルフケアプラン(自分や家族で作成できる)に関しても説明しました。
参加者の中から、子どもさんの介護に関する切実な悩みも出され、とても充実した会になったと思います。
話をして、重荷をおろして頂きながら、少しでも解決につなげたいと思います。
第6回は、10月31日(木)10時~
テーマは「成年後見制度について考える」です。
講師は、岡村奈七江さん(なな行政書士法人代表社員 行政書士)です。
みなさま、ぜひご参加下さい。

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る