広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 第5回 ひゃくなん会(人生100年時代をケアマネジャーと一緒に考える広島市南区住民の会)

第5回 ひゃくなん会(人生100年時代をケアマネジャーと一緒に考える広島市南区住民の会)


9月26日(木)10時~開催します
今回のテーマは「ケアプランを考える」です。
講師は、当会副代表の三上淳一(主任ケアマネジャー)と代表の私です。
普通の講義ではなく、かなり趣向を凝らしています。
他では絶対に聞けない、他では語られることがない話がてんこ盛りですので、ぜひご参加下さいませ。
ひゃくなん会でなければ実現は不可能だと思います。
第1回は、総論
第2回は、ケアマネジャーとは何か?
第3回は、認知症を考える
第4回は、8050問題を考える
第5回は、ケアプランを考える
第6回以降も、いろんな問題を考え、皆さんと語り合いながら、解決の方向を探っていきたいと思います。
ひゃくなん会の存在意味は、
1、本当に自由に語りあうことができること
2、住民の方が受け身ではなく、主体、当事者になり、積極的に参加すること
3、ケアマネジャーを中心に、いろんな専門家と仲良くなること(仲良くなれば、いざという時に相談しやすいです)
4、話し合うだけではなく、解決を目指していくこと
こんな点にあります。
これからも、介護だけではなく、ライフ全般にわたり、いろんな問題に取り組んでいきたいと思います。
ぜひ、ご参加下さい。
広島スポーツスピリットとは違う対象、違う形で社会貢献できればと考えております。
広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る