広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 広島ソリューション構想(仮称) パート4        ひきこもり支援(8050問題)

広島ソリューション構想(仮称) パート4        ひきこもり支援(8050問題)



まず、私は、デイサービスで、高齢者のひきこもり問題に取り組みました。その過程で、「7040問題」に直面しました。
(現在では、「8050問題」「9060問題」になっています)
簡単に言えば、ひきこもっている70代の高齢者を訪問すると、40代の子どもさんが、その陰にいたりするわけです。
しかし、一般のケアマネジャー、一般のデイサービスでは、70代に対応できるだけです。
いや、70代にも対応できていません。
出てこれるようにサポートできる事業所は、ほとんどありません。
そこで、私は、70代に対応しながら、自然に家に入り、40代も同時に対応するようになったわけです。
行政では、こんな感じで、仕組みを超えて対応することはできません。
介護保険でも、高齢者に関することしかできません。
しかし、私には、そんな「枠組み」や「縦割り」は関係ありません。
「横串」をさし、超領域的に問題へアプローチしてきました。
そして、いろんな専門家や企業とタッグを組み、親亡き後のライフプランを作成したり、就労のあっせん等をしてきました。
これが、「広島ソリューション構想」の一端です。
パート5では、コンサルティングに関して書きます。
コンサルティングは、「〇〇防止対策」のために始めたのです。
7月30日(火)14時~FMちゅーピー「すまいるパフェ」では、そんな話もしてみたいと思います。

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る