広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 民間でセーフティーネットをつくる   理想を高く掲げ、今より「マシ」を実現する

民間でセーフティーネットをつくる   理想を高く掲げ、今より「マシ」を実現する


昨日、朝日新聞記者の方から取材を受けました。
最近、いろんな記者の方、いろんな学者の方から取材を受けることが多くなりました。
もちろん、記事になることならないこと、いろいろありますが、自分の考えをまとめるのに、とてもいい機会になります。
そして、話をする中で、新しいアイデアが溢れてきて、とても有難いです。
昨日も、私が取り組んでいることを、いろんな角度から話していた時に、私がやりたいことは「民間のセーフティーネットをつくる」ことなのだと、改めて再確認できました。
今の日本は財政危機でお金がなく
行政は縦割りで、柔軟性が乏しく
公的セーフティーネットは綻びだらけです。
こんな現状の中で、いろんな人が、隙間におちたり、どこに相談していいか迷っていたりします。
これを民間で何とかしたい、何かできないかというのが、私がやりたいことなのです。
もちろん、大きなことはできません。
小さなことを少しずつ、いろんな人の力を集めて、今より少しは「マシ」を実現したいと思います。
その一つが「ひゃくなん会」。
第2回が、明日開催です。お時間のある方は、ぜひ、お越しくださいませ。

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る