広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 子どもの日に想う       子どもの力

子どもの日に想う       子どもの力



子どもの力 パワーをまじまじと感じたことがあります。
それは、ひきこもりの青年を、子どもたちのイベントに連れていった時のことです。
子どもたちが、イベントの会場の隅に立っていた彼に、「お兄ちゃん、遊ぼうやー」と声をかけ、彼の両手をひっぱり、引きずりだしたのです。
それから、1時間、彼は、子どもたちに、殴られ蹴られ引きずりまわされました
私は、彼が「2度と参加しない」とか、「最悪だった」と言うのではないかと心配しましたが、それは、杞憂でした。
「今日は楽しかった。こんなに楽しかったのは、生まれて初めてです」と言ったのです。
こんなことがきっかけで、彼は、いろんな場所に出かけられるようになりました。
私含め、大人たちは、いろんなことを考えます。
考えすぎます。
そして、いろんなことができなくなる。
この時ほど、子どもたちのパワー、何も考えない力の凄さを感じたことはありません。
広島スポーツスピリットでも、できれば、こんな機会を設け、いろんな方が元気になることを実現したいと思います。
子どもたちがもっと力を出せるように
子どもたちがもっと元気になるように
いろんな方がもっと元気になるような取り組みしていきたいと思います。

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る