広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 26歳で脳梗塞  

26歳で脳梗塞  


携帯電話大手の代理店業務などを担う沖縄県内企業の元社員の女性(31)が、携帯ショップ店長を務めていた26歳の時に脳梗塞を発症したのは過重労働が関連したとして、沖縄労働局那覇労働基準監督署が昨年11月に労災を認定したことが9日までに分かった(3月16日 沖縄タイムス)
これは、特異な出来事でしょうか?
いや、私のまわりではそうでもないです。
ここ数年、20代半ばの若者が心筋梗塞で亡くなったり、脳梗塞で倒れたりしてます。
20代半ばで。
大学を卒業し、仕事を始め、みんな数年で倒れています。
もちろん、これが、すべて「過重労働」と因果関係があるとは言えないだろう。もちろん、企業側は否定する。
しかし、めちゃくちゃ働いていたのは事実です。
就活は売り手市場で簡単に決まります。
しかも、いい企業に決まるので、本人も両親もとても喜ぶ。
もう、人生大丈夫だという感じになります。
そうなると、疲れきっても、なかなか辞めるとは言い出しにくい。
こんな中で、どんどん疲弊し、健康を害していくのでしょう。
子供さんがいる方は気をつけて下さい。
特に、離れて住んでいる子供が「大丈夫大丈夫」と言いながら、心配をかけないようにしている場合には。
親思いの、優しい子供さんほど、苦しいとか、辞めたいなんて言い出せないですから。
広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る