広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 介護職に就く若者たちへ

介護職に就く若者たちへ


この好景気、この就職市場の中で、介護職を目指す若者がいることは、とても嬉しい。
介護の仕事をしている私も心強い限りだ。
しかし、介護職になるにあたり一つだけ気をつけてほしいことがある。
それは、高齢者の方を動かしたりする時に、絶対に「力」ではやらないことだ。
介護職になったばかりの時は、介護についての知識がないし、身体に関する知識もないし、若くて力があるので、高齢者を「力」で動かしてしまう。
これが、「腰」を壊す原因になる。
「腰」を一度壊すと、もうもとには戻らない。
壊れた腰と一生付き合うことになる。
そうならないために、介護職になる前に、きちんとした介護技術や身体に関する知識を習得してほしい。
施設で教えてくれる?
いえいえ、今の施設にそんな余裕はありません。
おそらく、いきなり、その日から、現場に投げ込まれます。
私は、自分で学び、腰を、身体を壊すことがありませんでしたが、腰を、身体を若い時に壊し、その後の人生でかなり困っている方をたくさん見てます。
ぜひ、自分でいろんなことを学び、入社、就業して下さいね。

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る