広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 発達障害は「個性」   その子の向く方へ

発達障害は「個性」   その子の向く方へ


私は、そう考えた方がいいと思います。
そう考えたとしても、なかなか対応は難しいのは現実。
そこで、大事なのは、両親ができるだけ早く、子どもの状態に気づくこと。どんな子どもかをきちんと認識することが最重要です。
これができれば、「個性」として、その子が合う方向を考えることができる。その子自身も、自分をきちんと理解し、自分の向く方向を理解し、向く仕事を見つけることができます。
ここが一番大事です。
「人と違う!」「人と同じことができない!」と嘆くのではなく、できるだけ早く「個性」を認識し、どうやって生きていくか考えることが一番大事だと思います。
両親に、その認識があれば、医師や相談機関に早めに相談でき、その子どもさんなりの「花」を咲かせることはできると思います。
広島ブログe-87961″ />



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る