広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 格闘技の真髄に少し触れる

格闘技の真髄に少し触れる


昨日、小学校の同級生の北中明くんに、格闘技の初歩の初歩、イントロダクションを教わった。
打撃の基礎の基礎、寝技の基礎の基礎だ。
そこで学んだのは表面的なことではない。
基礎の大切さ、型の大切さだ。
人は、すぐに、派手なことがしたくなる。
基礎ではなく、応用に手を出したくなる。
しかし、そんなことをしていては、まったく伸びない。
結局、どの時点かで、基礎にかえらなければならない時が来る。
建築に例えると、基礎工事がしっかりしてないと、家が傾いてくるような感じだ(笑)
やはり、何事も基礎なのだ。型なのだと、再認識した一日でした。
あきちゃん、ありがとう。
とても勉強になりました。
私も今年、50歳、もう一度、基礎、型に戻って、さらに新しいことにチャレンジしていきたいと思います。
小学生の同級生が元気に活躍し、その同級生から学べるなんて最高です(笑)

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る