広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「お母さん、ぼく働いてみるよ」

「お母さん、ぼく働いてみるよ」


年の瀬が迫って、素晴らしいニュースが飛び込んできた(笑)
私が関わっている、ひきこもりの息子さんを抱えたお母さんから連絡があり、
突然、息子さんが「お母さん、僕、郵便局で仕分けのバイトがしたい」と言い出したというのだ。
いやー、素晴らしい。本当に嬉しい。
私は仕事をしたいと言ったから嬉しいのではなく、自分で考え、自分で一歩踏み出そうとしているのが嬉しいのだ。
私は、こんなことを言いだすこと自体は予想していた。
そのために、私が関わり、ご両親に、自分自身と向き合って、命懸けで変わって頂いていたのだ。
だから、彼が、こんなことを言いだすことは、想定内だ。
しかし、こんなに早く、しかも、今年も終わろうかというこの時期に言いだしてくるとは、思ってもみなかった。想定外だ。
あー、嬉しいなー。
私も、命を削った甲斐があります(笑)
おいおい、おっさんが、また泣いてしまいました。
連日、おっさんが泣いてどーすんのよ(笑)
でも、この涙は悲しい涙ではなく、嬉し涙。
こんな涙を連日流せるなんて、最高です!!!

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る