広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > ひきこもり青年の帰還  2018

ひきこもり青年の帰還  2018


私が支援しているひきこもり青年たちが、各地から帰ってきた。
毎年、私が沖縄、長野、群馬に派遣している青年たちだ。
これらの場所は、私が、20代をのたうち回って生きていた場所だ。
沖縄は民宿、長野は高原レタス収穫、群馬はキャベツ収穫。
私が、20代に自分を鍛えた場所、再生した場所に、青年たちを毎年送っている。
今年も、行くときは色白でヒョロヒョロの青年たちが、真っ黒に日焼けして逞しくなって帰ってきた。
実に頼もしい。
私は、「人は必ず変わる」と信じ切っている。そこに一ミリの疑いはない。
しかし、ここからが大事。
「人は必ず変わる」が「それは、一度死ぬくらい大変だ」ということ。
何十年も生きてきたスタイルを変えることは、それくらい大変なのだ。
青年たちを見て思う。
私もまだまだ変われる。いや、必ず変わってみせる。
50歳の今年も大きく変わった。
2019年も、まだまだ、まだまだ変わります。
子どもたちにいろんないい影響を及ぼせるような、キラキラした大人になりたいと思います(笑)
皆さんも、広島スポーツスピリットに関わって、自分を成長させませんか?
ご支援ご協力お待ちしております。
子どもたちに、大人を見せてやろうじゃないですか!!!
下記の写真は、長野の高原レタスです。

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る