広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > こども食堂  全国で2286カ所  広島スポーツスピリット

こども食堂  全国で2286カ所  広島スポーツスピリット


こども食堂は、 地域の大人が子どもに無料や安価で食事を提供する、民間発の取り組み。貧困家庭や孤食の子どもに食事を提供し、安心して過ごせる場所として始まった。
そうした活動は古くからあるが、「子ども食堂」という名前が使われ始めたのは2012年。最近は、地域のすべての子どもや親、地域の大人など、対象を限定しない食堂が増えている。
全国に2200カ所以上・・・・実に素晴らしい。日本人の善意には心打たれる。
しかし、それだけ、孤独に中に生きて、地域との繋がりが希薄な子供が多いのだ。
そして、日本の財政がどんどん悪化しており、国家がセーフティーネットを整備維持できなくなっているのだ。
公助が限界にきており、そこをフォローするために、自助、共助が前面に出てきている。これは、介護の世界も同じ。
しかし、自助、共助には限界がある。
取り組みをながく継続するには、資金やマネジメント力が必要だ。
これがなければ、立ち上げたものの、継続して取り組むことができない。すぐに破綻してしまうし、実際、破綻している取り組みも多い。
広島スポーツスピリットでは、今後、こども食堂とのコラボ企画をすすめています。
みなさん、ぜひ、ご支援ご協力ご協賛宜しくお願いします。


広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る