広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 児童養護施設の現在  広島スポーツスピリット

児童養護施設の現在  広島スポーツスピリット


昔の児童養護施設=親御さんが何らかの事情で不在の子供が入所する場所だった。
しかし、今の児童養護施設は、親に何らかの虐待を受けた子供のための場所になっている。
このこと自体を知らない方もいるかもしれない。
その上、18歳になると施設をでなければならない。
18歳になると、「自力」で生きていかなければならないのだ。
一般の家庭のように、両親がいて、友人関係等々のいろんな関係がある場合は、18歳でも大丈夫だろう。
しかし、彼らに、そんな関係はない。
ほぼ、丸裸のまま社会に投げ出されてしまうのだ。
深い傷を背負い、自分を守る十分な力を持たないまま社会に放り出されてしまうのだ。
広島スポーツスピリットでは、こんなこともじっくり考えていきたいと思います。
微力なので、できることは、まだまだ小さいのですが。

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る