広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > またたびさんざ五ヶ月連続独演会「任侠流れの豚次伝」(三遊亭白鳥 作)

またたびさんざ五ヶ月連続独演会「任侠流れの豚次伝」(三遊亭白鳥 作)


日時:2018年8月19日(日)、9月2日(日)、
    10月28日(日)、11月11日(日)、12月2日(日)
  開演14時(開場13時30分)
  ※12時より受付にて整理券配布予定
会場:
 ●広島工業大学広島校舎5Fホール(11月以外)
  広島市中区中島町5-7 (GoogleMap)
  交通アクセス⇒http://www.it-hiroshima.ac.jp/institution/hiroshima/
 ●上野学園ホール401リハーサル室(11月11日)
  広島市中区白島北町19-1 (GoogleMap)
  交通アクセス⇒https://www.rcchall.jp/hall/access/index.html
出演:柳家三三
木戸銭:
シングル(お一人) 予約3,800円,当日4,300円
ペア(お二人) 予約のみ7,400円
通し券(5回分/特典付) 17,500円 ※限定90枚

【物語のあらまし】
秩父の養豚場で生まれた子ブタの豚次。行く先々の街で様々な動物達──敵も味方も、生涯の恩を受ける存在から未来を誓う相手まで──と、出会い・別れ・戦い・友情…。おのれの力で運命を切り開きながら、任侠の道に生きる「流れの豚次」として成長してゆく全10話の長編を、毎月2話ずつ、5ヶ月連続独演会シリーズでお楽しみいただきます。

【演者プロフィール】
●柳家三三(やなぎや・さんざ)
1974年7月4日生まれ 神奈川県小田原市出身。
1993年3月 柳家小三治に入門。5月 楽屋入り。前座名「小多け」。10月 初高座(末広亭「道灌」)
1996年5月 二ツ目昇進「三三」と改名。
2006年3月 真打昇進。
出囃子「京鹿子娘道成寺」
butaji_PR2_w900
広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る