広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 限界を作らない生き方 何歳からでも、どんな状況でもチャンレジする

限界を作らない生き方 何歳からでも、どんな状況でもチャンレジする


もし、今、自分は限界だとか、自分はもうダメだなんて思っている人がいたら、この本を読んで頂きたい。
おそらく、そんなことを言っている自分が恥ずかしくなる(笑)
幼稚に思えるはずだ。
この本の著者は、ALS(筋萎縮性側索硬化症)だ。
とても、厳しい表現をすれば、しだいに体が動かなくなり、最後は呼吸困難で死に至る原因不明の難病だ。
そんな病に20代で侵された彼が、前向きに生きている。
限界なんか作らず生きている。
これを読めば、自分の限界だと思っていることがいかにどうでもいいことで、自分で勝手に限界を作っているに過ぎないことがわかるだろう。
限界とは、実は自分で作っている。
あれはできない、これはできない。
こんな家に生まれたからできない。
こんな病気があるからできない  なんて考える。
しかし、彼は、そんなことを一切言わない。
今できることをやり、自分の限界を超えていく。
実にすがすがしい。
・・・・だからできない。誰誰のせいでできないと言っている人は、この本をすぐに読んでほしい。
1ページ目から、自分が恥ずかしくなってしまうことでしょう(笑)

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る