広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「この骨壺は使えませんよ」   ブラックすぎる葬儀社

「この骨壺は使えませんよ」   ブラックすぎる葬儀社


 
これは、私の父の葬儀の時に、葬儀社の方が言った言葉だ。
え?使えないってどういう意味?
きちんとコースに入ってるのに、使えないとは、どういう意味?
葬儀社の方に聞いてみると、「熱い骨を入れるのは、コースにふくまれてる骨壺では難しい」との返答。
え?使えないものがコースに入ってるの?と私は思わず怒ってしまいました。他にも、多くの点で、葬儀社とはもめました。
なぜ、こんなことが起きるのか?それは、高い葬儀を挙げさせれば、担当者が儲かるから、歩合が担当者に入る。
だから、担当者が通夜や葬儀の時に、実に無理な、おかしな主張をし、費用を上乗せしていきます。
こんなことをするため、事前の見積りを絶対にださない葬儀社もある。だしてしまうと、中身のいいかげんさが露呈してしまうから(笑)
いやー、今でもこんなブラックな業界があるんです。
結婚式は、皆さんゆっくり事前に相談しますが、葬儀はいきなりですから、その混乱にがつけこむわけです。
皆様もお気をつけ下さいませ。混乱に乗じて、100万も200万も上乗せしようという業者が多いですから。
無題広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る