広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 無人島では、自分はわからない

無人島では、自分はわからない


どんな性格かわからない。
どんなことに向くかもわからない。
足が速いのかどうかもわからない。
面白いのかどうかもわからない。
要するに、自分は「他人の中」でしかわからないということだ。
親は、自分とある意味一緒。
忖度してくれるし、気をつかってくれる。
だから、親だけとの関係では、自分はわからない。
いろんな他者と付き合う中で、自分がだんだんわかってくる。
性格も、どんなことが向くかも、いろんなことがわかってきます。

引きこもりの大きな問題の一つは、いつまでも自分がわからないことにあります。

30歳になっても、40歳になっても、自分がわからない。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る