広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 信念対立  共通了解

信念対立  共通了解


哲学者 竹田青嗣氏は、「哲学とは信念対立を解消し、共通了解を形成することだ」とおっしゃっている。
まったく同感だ。
いろんなところで信念対立は生じる。
北朝鮮とアメリカ
親と子
行政と民間
どこでも、「信念」の「対立」が生じる。
これ自体は、当たり前だし、仕方ない。
いろんな意見があるし、いろんな考え方がある。
北朝鮮(権力者)は、自分たちの信念が正しいと思いながら、生き延びようとしている。
大事なのは、対立があることではなく、それを解消し、「共通」の「了解」を形成していくこと。
激しい闘争になるのを防ぎ、折り合いをつけていくことだ。
これこそが、哲学の役割であり、実務家である私がやるべきことだと思っています。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る