広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 大規模デイサービスやリハビリ型デイサービスとまったく違う道を歩く

大規模デイサービスやリハビリ型デイサービスとまったく違う道を歩く


大規模デイサービスにはいい所がある。
それは、設備がいいことだ。
特殊浴があったりして、どんな人でも入浴ができる。
そして、建物がきれいで、眺めが良かったりする。
デイサービス楽園には、それらはない(笑)
リハビリ型デイサービスのいい所は、まさにリハビリができるところだ。
短時間集中でリハビリをする。これは実にいい。
とてもいいマシンがあり、理学療法士がいる。
デイサービス楽園には、それらはない(笑)
では、何があるのか?
まず、一番目は、大規模や、リハビリ型デイサービスに出てこれない方が参加できるということだ。
大規模というだけで、私はダメという方もかなり多い。
そもそも引きこもっている方も多いし、大人数が嫌いという方も多い。
そして、マシンのリハビリをするのではく、いい仲間をつくりながら、ゆっくり運動したい人も多い。
そして、二番目は、少ない人数の中で、ゆっくり人間関係を深めていくことが必要な人もかなりおられる。
そんな方、1人1人に合ったプログラムをつくり、実施していく。
大規模にはそれは不可能だし、リハビリ型ができるのは、運動面だけだ(短時間だし)
個人個人をどこまでも深く知り、どんどんその方との関係を深めていき、人間関係を形成していく。
引きこもっていた方、孤立していた方を解きほぐし、社会性を取り戻していく。
これが、デイサービス楽園。これが、デイサービス楽園が13年間、ぶれないで目指し続けた道です。
この方向は、介護保険がどんな風に変わろうが関係ない。他のデイサービスもまったく関係ない。
まったく独自に、ある意味、勝手に、この道を進みたいと思います。お客様の方だけを見て(笑)
この方向性は、コンサルでも、ひきこもり支援でも同じです。

ねー、太郎会長(笑)

2015060707040000

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る