広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 自作の小屋で暮らす若者たち

自作の小屋で暮らす若者たち


今、千葉県で自分で小屋を建てて暮らす青年が増えているそうだ。
楽しそうで面白い。大企業公務員志望の青年が多いと思ったら、いろんな青年がいて面白い。
やはり若い時は、いろんなことをやってみた方がいいと思う。世界のいろんなことがわかるし、人の情もわかるし、自分の限界もわかる。
落ち着くのは後からでいい。要するに、自分で生きる力があれば問題ないのだ。
私も20代は引きこもったり、いろんなところをフラフラしたり、知らない人の家にかなり長い間住んだり、今思えばとても不思議な時間を
過ごしたものだ。まあ、今からまたやれるかと聞かれれば、できますが(笑)
その経験がすべて役に立っている。どこに行っても緊張しないし、知らない人ともすぐ関係をつくれたり、どこでも自分で生きていいく自信がある。
自作の小屋で暮らすなんて最高だ!
日本がもっと多様性のある、もっと自由な国になるといいなと思う。そうすれば、少数派に対して寛容な社会になるだろう。
無題広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る