広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > クラクションは鳴らさない  2    突然、殺されないために

クラクションは鳴らさない  2    突然、殺されないために


私は、基本的にクラクションは鳴らさない方がいいと考えている。
クラクションは、緊急事態のみに鳴らすべきで、前の車が発車しないくらいでは鳴らさない方がいい。
前の人間がどんな人間かわからないし、緊急事態でもない。
急いでいれば、車線変更して逃げればいい。
前の人がどんな人間かもわからない状況で鳴らす方がはるかに危険だ。
現代では、ものすごいストレスを抱えた人間が、車に乗ってるかもしれない。
誰かに当たり散らそうと待っている人間もいるかもしれない。
1回のクラクションが、爆発しそうに膨れた風船を割ってしまうかもしれません。
多孤独を抱え、不安を抱え、不満を抱えた人が、弱いものに攻撃をしようと考えているかもしれません。
最近、スーパーのレジや、公共機関の窓口で怒鳴ってる人をよく見かけますが、そんな人かもしれません。
皆様、お気をつけください。
そして、自分の精神状態もチェックしてみて下さい。
イライラしてないですか?
もし、怒ったら、6秒間耐えて下さい。そうすれば、怒りが激減しますから。
無題無題無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る