広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 学問のすすめ  2017   独立して生きること

学問のすすめ  2017   独立して生きること


この本は、すべての若い人に読んでほしい。
特に10代には読んでほしい。
この本の内容を簡潔に言えば、勉強と独立の大事さだ。
勉強?そんなの嫌だよという方も多いだろう(笑)
しかし、この場合の勉強とは、受験勉強ではない。
実学=現実に役に立つ勉強だ。
これは、人付き合いでもいい。生きるために、体を鍛えるのでもいい。
生き抜いていくための勉強だ。
受験勉強なんて、勉強のほんの一部に過ぎない。
本当に大事なのは、生きるため、生き残るための勉強なのだ。
そして、自分で生きていくこと。独立して生きていくことだ。
独立して、いろんな人と助け合って生きていくことが大事だ。
こんなことの大事さを、福沢諭吉は100年以上前に述べている。
まさに、今でも色あせない。今でこそ必要な名著だと思います。
日本国も、戦後72年間、アメリカに頼りっぱなしできたから、今、いろんな問題に直面しているわけでしょう。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る