広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 日産終わってる     安全性よりコスト

日産終わってる     安全性よりコスト


日産車に十数年乗っている。
それは、福祉車両(介護施設の送迎車)で日産が定評があるからだ。
しかし、その定評がどんどん形骸化、空洞化している。
なんか、乗るのがどんどん嫌になる。
完成車の検査を、短期雇用で無資格の人がしていたということなのだ。
これが介護業界なら、事業所は閉鎖になる。
無資格な人間が、責任者をしていたり、届け出で偽装していたら、その事業所は指定取り消し処分になる。
それくらい大変なことだ。
もちろん、無資格な人間がやれば、大幅なコストダウンができる。
これは、介護業界も同じ。とても儲かる。
しかし、それは、違法なことなのだ。
日産が、完成車の検査を「短期雇用の無資格者」に任せていたということは、「安全性はどうでもいい」というメッセージだ。
安全性よりコストが大事だというメッセージだ。
これでは、安心して車に乗れない。

日産が「セレナ」など25万台リコール、エンストのおそれ広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る