広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > わが筆禍史

わが筆禍史


佐高信氏はなかなか面白い。
いろんな人に噛みつき、批判する。
個人名を出しての批判なので、その肝の据わり方は実に素晴らしい。
リベラル系の人々が、沈黙することが多いご時世で、一人気を吐いている感じだ。
私は、思想に関わらず、こんな人物が大好きだ。
しかし、佐高氏に関しては、とても気にかかることがある。
それは、会ってもいない人を、散々叩きまくり、顔つきのことまで批判したあげく、対談を申し込んだのに、相手が逃げたと言ったりする点だ(笑)
皆さんの中に、会ったこともないのに、名前をあげて批判され、顔つきや、人格批判のようなことをする人に会いたい人がいるだろうか?
おそらく、そんな人はいない。
もちろん、考え方や意見を批判するのは当然のことだ。
しかし、その他のことでボロクソに批判しておいて、対談に応じないはないだろう。
そして、散々批判していても、会うとコロッと態度を変えたりする(笑)
そんなことなら、佐高氏は、個人的に誰かを叩く場合、まず会ってから批判したらいかがだろうか?

しかし、そんなことを差し引いても面白いです。

無題広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る