広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 田中角栄  人を動かす話し方の極意

田中角栄  人を動かす話し方の極意


この本から学ぶことは多いが、私が一番肝に銘じたいのは、どんなことでも「紙一枚にまとめる」ということだ。
もちろん、学んだり、考えたりする場合は、まとめる必要はない。
しかし、実行する時、行動する時は、紙一枚にまとめるのは、大事なことだ。
まず、結論を書き、その理由を3点くらい書く。
人間が、行動を起こすには、これくらいシンプルでなければいけない。
複雑では動けないし、いろんな人にはわからない。
こう考えると、いろんなところで配られる資料の無駄さがよくわかる。
まず、結論がわからない(笑)
結論が最後にあったり、話し合いの結果を見ながら結論を出そうとしているので、何が何やらわからない(笑)
途中の資料も多すぎて、整理がされていない場合も多い。
もちろん、考える段階、準備の段階では、いろんなことに目を配った方がいい。
しかし、みんなに提示したり、行動をしたり、決断をする場合には、シンプルにわかりやすくした方がいいと思います。

無題
広島市ランキング



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る