広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 国家の自立  個人の自立    依存ではなく協力協働

国家の自立  個人の自立    依存ではなく協力協働


国家の自立と書くと軍事大国にするという主張かとすぐ言われる(笑)
そうではない。国家は自国で考えて、他国に依存せずに考えて行動しなければならないという意味だ。
どのような国にするかは国民のコンセンサス次第。国民が自分で考えるのだ。そして責任を取る。
非武装中立、武装中立、核武装、日米同盟、日中同盟、・・・・・いろいろあるだろう。
戦後の日本がまずかったのは、アメリカにお任せにして、自分で考えてこなかったこと。
これと同様、国民が国家任せ、子供は親任せ・・・・・かなりの人が依存的になっている。
今までは、依存度が強くても、世界が割と安定してたし、経済的にも悪くなかったからなんとかなった。
しかし、これからは無理だ。世界的に極めて不安定で、経済的にも悪化するだろう。
こんな環境では、依存してる場合ではない。自分で考えて行動できる国家、個人にならなくてはいけない。
これは軍事化を意味してはない。軍事化しないためにも、ものすごい自助努力がいるのだ。
もう国家も個人も他人任せでは無理だ。それだけは明確に言える。

無題広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る