広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 情報機関の必要性

情報機関の必要性


情報機関があれば、戦争が起きると考える人がいる。
しかし、それは違う。
情報機関があり、詳細な情報を得ることにより戦争が防げるのだ。
私たちも、生活をおくるにあたり、いろんな情報を集める。
ビジネスマンは、そのために日経を読むだろうし、いろんな人に会うだろう。
社内の情報を取集し、自分の立ち位置を考えることだろう。
主婦は、スーパーの情報を収集し、子供の健康の情報を得ようとするだろう。
病気の時は、どの病院に連れていくか、深夜ならどうするかも考えているはずだ。
国家の情報機関の役割もまったく同じだ。
国家が危機に陥らないように、平時にいろんな情報を集め分析する。
目的は、戦争でなく、戦争を未然に防ぐこと、回避することにある。
情報がなければ、精度の高い情報がなければ、決断さえできない。
日本は戦後、アメリカにその面でも依存してきた。
それが今、すべて大問題として浮上してきています。
情報を自国で集められず、他国との独自のパイプがまるでない。
これでは、とても危ないです。
話し合いをしようにも、情報がなければ・・・・・どうしようもありませんから。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る