広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 横になりすぎない

横になりすぎない


私は、20代にずっと横になっていた(笑)
何もすることがなかったし、金もなかったし、意欲もなかった。
おそらく、病院に行けば、うつ病の診断を受けていただろう。
横になっていた結果、体力はなくなるし、いつも朦朧としていた。
脳がいつも半眠してる感じなのだ。
脳にも、眼にもいつも靄がかかり、視界がハッキリしない。
いつも思考がクリアにならず、どうしようもなかった。
そこで言えるのは、横になりすぎてはいけないということだ。
若くても高齢でも、横に長時間なっていてはいけない。
そうすると、どんどんいろんな機能が落ちていく。
若ければ、それは回復していくが、高齢の方は戻らない場合が多いです。

太郎会長は大丈夫ですにゃー(笑)

2015041911120000


広島市ランキング



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る