広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 真実の花を見た

真実の花を見た


時分の花とは、若さのことだ。
真実の花とは、磨き上げた自分のことだ。
前者は先天的なもの、後者は後天的な努力の結晶だ。
最近、偶然に昔の友人に会った。
その人は、まったくイケメンではなく、子供のころに両親が離婚し、母子家庭に育った。
いろんな意味で、苦しい家庭に育った。
大学も行っておらず、学歴もない。
しかし、今は、自分で努力し、会社をやっている。
そんな彼は、とてもいい顔をしていた。自信と希望に溢れた顔をしていた。
もう、若さもないし、生まれながらには何も持っていなかった。
しかし、彼は、自分の力で、自分を人生を切り開いている。
実に素晴らしい。
まさに、真実の花を見たような思いがしました。
とても美しく強い花を自分で咲かせた彼に再会できたことに感謝です。

偶然?いえ、この再会は、今の私に必要な「必然」だったのだと思います。(なんか江原さんみたいですねー笑)

02ec90cc0c0b65f213b53dbf255e8072

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る