広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 親が自分を壊せるか?     今日も引きこもり相談

親が自分を壊せるか?     今日も引きこもり相談


面談をしていると、子供がダメだ、子供が変わらない、子供が何を考えているかわからないとおっしゃるご両親ばかりだ。
いやいや、ダメなのは親だ。親が全くダメ。子供から見たら親が何を考えているかわからない。

親から見てもわからない、子供からみてもわからないのは、関係がないから、無関係だからだ。
長年、きちんとした話もないし、交流もないから、精神的にはまったくの他人なのだ。
この状態を、変えない親がダメだ。親が変われないのに、子供ばかりに変化を押し付ける。
これでは子供は怒り狂うばかり。しかし、この怒りは極めて理にかなっている。

子供が、大人に先に変わってみろというのはまさに正論。私はこれを全面的に支持する。
まずは親が革命的に変わること。これができれば、ほとんど自動的に子供は変わる。
お父さんがもし、情愛あふれる人間になれば、子供も変化していくのだ。
お父さんが仕事に逃げている限り、子供も逃げる。お父さんが話しづらければ、子供もそう。
まずは親である。子供がダメなんじゃない。親がダメなのだ。大人がダメなのだ。
今の子供を育てたのは大人世代なのだから。今の若い者はダメだと言う前に鏡を見ましょう。自分が愚かなのだ。

無題



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る