広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 学者の読み方 実務家の読み方

学者の読み方 実務家の読み方


私は、ほんの少し学者を目指したことがある。
向かなくて、すぐにやめてしまった(笑)
私には、学者のように細かいことは向かない。
本の読み方一つとっても学者の読み方は細かい。
大げさではなく、本によっては、1ページ読むのに、数時間かける。
一語一語を丁寧に読み込み、きちんと定義しながら精読する。
これが学者的読み方だ。
これを否定するわけではなく、学者はそうやって読まなければいけない。
しかし、私にはあわなかった。
私は、本を「問題解決」に使うために読みたかったのだ。
それが、実務家の読み方だ。
細かい所は置いといて、問題解決に使えるなら、どんな本でも読むし、おおざっぱに流し込むように読む。
学者とはまったく視点が違うのだ。
私は、年間2000冊くらい読みますが、すべては「問題解決」のため、人の悩みや苦しみが解決もしくは、軽減するためだけに読んでいる。
だから、細かい部分は流し、どう「実効性」を上げるかだけを考えています。
無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る