広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 私人で生きましょうや、自制心がないなら

私人で生きましょうや、自制心がないなら


政治家になりたい人がいる。
公的な役職に就きたい人がいる。(税金をもらう立場)
もちろん、それは、個人の自由であり、まったく文句はない。
しかし、そんな立場に立つなら、自らを律しなければならないと思う。
税金から金をもらい、名誉も付与されるのだから、私人と比べはるかに重い責任がある。
もし、それが嫌なら、単なる私人で生きればいいのだ。
税金で儲けようとか、税金をもらおうとか、名誉が欲しいなんか思わなければいいのだ。
私人なら、かなり自由だし、少しのことで批判を受けることはない。(もちろん、違法行為はダメ)
税金をもらって活動しようとか、名誉が欲しいとか思うなら、ものすごく自分を抑制すべきだ。
それができないなら、私人で生きましょうや。
ねえ、東広島の中川さん、元速度の今井さん、口が軽くて奥さんに訴えられた元教育委員の乙武さん(笑)

CAVPJYGO

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る