広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 永六輔の言葉 6

永六輔の言葉 6


まさに、この言葉通りだ。

無駄なことは何もない。
私は、20代にとても無駄な時間を過ごしたと思っていた。
しかし、その時間はまったく無駄ではなかった。

孤独にとても強くなった。
自分でどこまでも考えることができるようになった。
待つことができるようになった。
読書することで、自分を支える柱のようなものを持てるようになった。
普通のことに感謝できるようになった。
挙げればキリがないほど得るものがあった。
しかし、それは自分次第だ。
同じ経験をしても、すべてを無駄にする人がいる。
無駄があるのではなく、無駄にする人がいるだけなのです。

2017081116160000広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る