広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 永六輔の言葉 5 恩をひらいていく

永六輔の言葉 5 恩をひらいていく


私には、いろんな人に借りがある。
借りを受けた人の多くは、もう亡くなっている。
だから、もう返そうにも返せない。
だから、他の人に何かをする。
他の人に恩を循環させるのだ。
そして、願わくば、その恩が、どんどん循環していってほしい。
それが、おそらく、私へいろんなことをしてくれた人の願いでもある。
恩は返せない。
だからこそ、恩を未来へ開いていきたいと思います。

2017081116250000広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る