広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > コードブルーの一つの見方

コードブルーの一つの見方


なかなか面白い。
ストーリーはとてもありがちなので、ほとんど関心はないが、人間の成長ドキュメントとしてとても面白い。
今回は、パート3だが、みんなとても成長している。
以前は脇役だった人が、いろんな経験を積み、主役級に成長している。
私は、内容より、そんなドキュメント性にとても関心を持った。
以前の主役は、山下智久だったが、今は、新垣結衣、戸田恵梨香になっている。
彼女たちのここ数年の生き方が反映され、私はとても感銘を受けた。
これが、シリーズものの怖さだ。
その間の生き方がすべて出てしまう。
成長の度合いが、すべて画面から出てしまうのだ。
実に怖い。
ドラマとは、フィクションであり、同時に、役者のドキュメントだ。
私は、こんな風にドラマを観ています。

3-9

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る