広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 爆発寸前の家庭は多いです

爆発寸前の家庭は多いです


神戸で、26歳の青年が家族を殺害するという事件が起きた。
まだ、詳細がわかっていないが、この家族のような状態にある家族はとても多い。
爆発寸前の家族はとても多い。
この青年は、今のところわかっている範囲では、中退し、仕事でもうまくいっていなかったとのことだ。
おそらく、家の中で、ものすごいストレスを抱えて生きていたのだろう。
ストレスが蓄積し、それが、何かのきっかけで爆発したのだろう。
もちろん、私は、この青年を擁護してるわけではない。
そうではなく、まず、このような青年が日本中にいるという事実認識をし、対策をすることが大事ということが言いたいのだ。
まず、ものすごいストレスがかかっていることの認識が大事だ。
そして、相談機関に相談したり、いろんな形で家族を開くことが大事だ。
今の日本の家庭は、基本的に閉じている。
外部からはどのようになっているかわからない。まさにブラックボックスだ。
こんな状態では、何が起きるかわからない。
まだまだ爆発は続く。爆発寸前の家庭は山ほどありますから。

風船で言えば、ゴムが弱り、軽い接触で破裂する感じです。針で刺さなくても。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る