広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 大人から見て「理想的」「真面目」な子供に気をつけよう

大人から見て「理想的」「真面目」な子供に気をつけよう


もちろん、本当に「理想的」で「真面目」な子供なら素晴らしいことだ。
そんな子供がいた場合、私には何も文句はないし、絶賛する。
しかし、そんな子供が、そんなにいるはずはないと思う。
「親の理想や大人の理想に無理をして合わせている」「真面目という仮面をつけて本当の自分を抑圧している」場合がかなりある。
いい子供ほど、親の期待には添いたいと考えている。
親の思うような人間になりたいと思っている。
親や大人に評価されたいと思っている。
それが、その子の本質なら、それはもちろん構わないし、素晴らしいことだ。
しかし、思春期には、いろんなことに苦悩するのが当たり前だ。ある意味、暴れる方が当然なのだ。
それを、静かに、理想的に、真面目に生きるには、かなりの無理をしている可能性が高いです。

「理想的に」見える子供気をつけよう。
「真面目に」見える子供に注意しよう。
内面に、ものすごいストレスを抱え、将来、爆発する可能性もありますので・・・・。
え?ウチの子供は大丈夫?それは何よりです。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る