広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > ストレスコントロール 精神論では乗りきれない

ストレスコントロール 精神論では乗りきれない


現代社会ではこれはとても大事だ。
これを意識していないと、ストレスはどんどん溜まっていく。
最近の事例で言えば、ストレスコントロールに大きく失敗したのは、「豊田真由子様」だろう(笑)
議員活動のストレスを、すべて秘書にあたりちらし発散していた。
おそらく、秘書に車内で怒鳴っても、大丈夫だと安易に考えたのだろう。
これほど大きな問題でなくても、ストレスコントロールに失敗すれば、いろんな問題が起きてくる。
怒ってはいけない場所で怒ったり、感情が不安定になり、大変なことになる。
まず、ストレスが溜まっていることを自覚することが大事だ。
現代社会は、「感情労働」が多いので、とてもストレスが溜まりやすい。

そして、溜まっていることを自覚したら、どのようにそれを解消するか考えてほしい。
これは、人によって違うので一概には言いにくい。
大事なのは、我慢しないこと、頑張りすぎないこと、精神論で乗り切らないこと。
精神論で乗り切れるのは、そこまで大変なレベルじゃない時だ。
大きなストレスが蓄積した時には、精神論で乗り切ろうとすると、大変なことになってしまいます。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る