広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 家で金を使うな 2017    大事な人には時間と気持ちを使う

家で金を使うな 2017    大事な人には時間と気持ちを使う


以前も書いたが、金とは市場で使うものだ。
金は、市場で、物やサービスを買い、生活を成り立たせ、生活の質を向上させるものだ。
私は、これを否定してるわけではない(笑)
金を出せば、その分だけ快適な生活が手に入る。
金を出して、エコノミーよりファーストクラスにのる方が当然快適だろう。
しかし、家の中で金を使うことには反対する。
子供に金を渡し、機嫌を取ったり、金で動かそうとしたり、金を何かの代替にしようとすることには反対だ。
私の関わっている家族(引きこもり家庭)は、多くの場合、そんなことをしている。
本当は、市場では金、家庭では気持ちと時間を使うべきなのに、金で済ませようとする。
金、ゲーム、車を与えることにより、何かしたかのような「感じ」になる。
しかし、それは、何もしていない。
いや、していない以上にヤバイ。
家族という贈与関係を売買関係、市場の関係に変質させてしまうのだ。
こうなると、子供は、親=金になる。
親を見る目が、金を見る目になる。私は、こんな親子をたくさん見ている。
親を探す時は=金の無心の時になってしまうのだ。

こうなると、もうもとには・・・・。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る