広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 冷静と情熱のあいだ      今日も引きこもり相談

冷静と情熱のあいだ      今日も引きこもり相談


「このままではあの子はどうなってしまうの!どうしたら、どうしたらいいの!」と叫ぶお母さん。
「もう少し様子を見よう。もう少ししたら変わるかもしれない」というお父さん。
これが、引きこもりを抱えたご両親の一般的反応だ。
お母さんは、気持ちはあるのだが、どうしたらと叫ぶだけ。
お父さんは、様子を見るだけ。本心は、あまり関わりたくない。あえて、よく言えば、冷静沈着。しかし、本当は無関心。
しかし、こんな状態を何年も継続することにより、どんどん悪化していく。
社会からどんどん遠のき、いろんな病(特に精神的な)にはまりこんでいく。
これを変革する方法は、お母さんがいろんなことを学び、冷静に、計画的になること。
お父さんが、燃え滾る情熱をもつことだ。
両親がこのように変化した家庭は、引きこもり解決に向かう。
これは、私の経験上、間違いない。
しかし、多くの家庭は、お母さんは、上記のように自分を変えていくのだが、お父さんは変わらない。
冷静な・・・・・冷めた・・・・・無関心なままか、表面的に関心のあるフリをするくらいです。

mensetu2

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る